気になるほくろは良い方法で除去しちゃおう【レーザーやくり抜き法】

施術費用の目安

女医

大きさに合った方法を

ほくろを除去する方法は、2種類に大別できます。一つ目は、ほくろより少し大きく紡錘状にメスで切除し、組織を除去した後に縫合する切除縫合法です。美容外科や美容皮膚科で施術する場合は、1個につき3万円から10万円かかります。大きさや深さ、場所によって料金が変動するのが一般的で、相場は5万円ほどと言えます。そして、もう一つの除去方法は、組織を焼いたりくり抜いたりして除去し、軟膏を塗るなどして治す方法です。トレパンという特殊なメスを使用するくり抜き法にかかる料金は、1個につき1万円から2万円です。また、レーザーで焼いたり蒸散させたりする場合は1個につき1万円ほどかかり、電気メスで焼く場合は1個につき3万円ほどかかります。クリニックによっては、初診料や再診料がかかることがあります。美容外科ではカウンセリング無料のところが多いものの、美容皮膚科では初診料に3000円ほど、再診料に1500円ほどかかるのが一般的です。また、局所麻酔が必要な施術もありますが、麻酔代は施術費に含まれていることが多いです。しかし、施術後に軟膏やハイドロコロイドなどの保護テープが出る場合は別料金が発生します。これは1000円程度と考えておくといいでしょう。様々な除去方法の内、ほくろの大きさに適した方法が選択されます。切除縫合法になるのは5mm以上の場合が多く、クリニックによっては4mm以上を目安にしています。大きなものにレーザーやくり抜き法を適用させると組織が除去しきれない恐れがあり、さらに皮膚欠損が大きいために傷跡が残りやすいからです。大きなものに最適な切除縫合法であっても、1cm以上もある顔のほくろには注意が必要です。通常はシワや肌のキメの向きに沿ってメスを入れて縫合するために次第に傷跡は目立たなくなりますが、あまりに大きいと皮膚の引きつれが生じることがあります。したがって、腕の良い医師によく相談することが大切です。6mm以下のものは、電気メスで焼くことも可能です。組織だけをなでるように電気の熱で削って破壊します。目視でメラニン組織を確認しながら慎重に削る必要があるため、最も技術を要する施術かもしれません。それから、4mm以下のものであればレーザーで除去することが多いです。一般的には炭酸ガスレーザーが用いられるものの、Qスイッチレーザーを扱っているクリニックもあります。炭酸ガスレーザーは水分に反応する機器で、Qスイッチレーザーが黒色に反応する機器です。後者の方が傷跡の治りが早く術後のトラブルが少ないですが、肌色など色の薄いほくろは前者が効果的です。

顔に触れる女性

真っ白なツルツル肌へ

ほくろ除去は、費用が安く、短時間で施術可能なため、非常に人気が高くなっています。特に美容クリニックのほくろ除去は、丁寧なカウンセリングとアフターケアがあり、女性から絶大な信頼を得ています。キャンペーンを利用して、お得に施術を受けましょう。

鏡を見る女性

アンチエイジングに効果的

ほくろにはいくつか種類がありますが、ほとんどが除去しても良い種類です。中には実はシミだったりガンの場合もあるので、取ってもよいかどうか医師と相談することをおすすめします。お肌をきれいにすることによってアンチエイジング効果があります。

カウンセリング

施術をする前に見ておく

ほくろ除去をクリニックなどで行う場合には、大きさが小さいときはレーザーを使います。大きい時でもメスを入れますが痛みはほとんど伴いません。数日間シールを貼って放っておけば自然にきれいな状態になるのが特徴です。

看護師

適切なクリニックの探し方

美容クリニックで受けられるほくろ除去手術は、医師の能力が重要になるので事前に確認しておくべきです。手術をする時はメスを使った方法も受けられますが、特別な設備がある所ならレーザーを使った治療も受けられます。